カテゴリー別アーカイブ: 毛皮

毛皮、タヌキについて

誕生してからずっと、世界中で愛され続けている毛皮ですが、今現在ではとても多くの種類が存在します。
最も、一般的に名が知れ渡っているフォックスやミンクから、珍しいラビットやラムなど、おおまかに分けただけでも10種類もの毛皮があるのです。

そして、中では珍しい毛皮もあります。
それはなんと…、タヌキです。
タヌキの毛皮があることを知らなかった私は軽い衝撃を受けました。
高級品とされる毛皮の種類に、堂々と名を連ねているタヌキの毛皮に興味を持ち、調べてみました!
今日はタヌキの毛皮についてをお話させて下さい。

タヌキは言わずと知れたイヌ科の動物です。
日本、ロシア、中国、などが主な生産地となっています。
その昔は北海道や東北産のものが最も良質とされていましたが、幾度となく輸出されていましたが、現在の日本では、鳥獣保護法の対象であるタヌキは輸出するためには、原産地証明書などの提出が必要となっています。

タヌキの毛色や毛質は多種異なるものの、刺し毛は強く長いです。
色も、黒と茶色とクリーム色を混ぜた毛色をしていますよね。

綿毛は黄褐色でやや長め、密度も多少あり手触りはどちらかと言えばシルキーです。

日本により関係する毛皮として、タヌキの刺し毛は筆毛としても活用されているそうですよ。

また、フィンラクーン、チャイニーズラクーン、ロシアンラクーンなどは、産地名がつけられたタヌキの養殖種となります。
天然物であるならば、必ずタヌキと記載しないといけないそうです。
それに天然物ならコチラの買取店でもかなり高額で買い取ってくれますよ。